模倣全時空記憶集積回路 このページをアンテナに追加 RSSフィード


はてなAndyMenteグループではメンバーを募集中です★


模倣全時空記憶集積回路(ダミーロストメモリー)へようこそ
この領域では主にアンディーメンテとその周辺の話題をただひたすら蓄積しています
※最近はジェバンニP分と小説家「泉和良」分も若干多いです※


<企画> 私的オススメアンディー・メンテ作品(ゲーム・音楽)紹介企画
<資料> 年代別AM作品一覧

2019-01-04

[]ぽれん6 ぽれん6 - 模倣全時空記憶集積回路 を含むブックマーク

(1/1 投稿)

「ポーンさんがやった果てのヘレン」という今となってはとても大規模になったアンディー・メンテ年末恒例のイベントがあります。今年は総勢600強のキャラクターというとんでもない規模で開催されました。

内容としては持ち点を配分してオリジナルキャラクターを作って、アンディーメンテ側とステッパーズストップ側に分かれて戦うものになります。

年末の段階で、AMが3巡目終盤、STが5巡目といったところでしょうか。ちょうどAMとSTが両方約30キャラというところまで絞られてきたので、たぶん今日中には決着がつくと思われます。

(1/4 追記)

決着がつきました。まずは参加された皆さん、そして何よりもじすさんお疲れさまでした。去年ほどの強行軍ではないものの正直年齢的にもじすさんの身体が心配です。ご自愛ください。


(以下雑感です。若干ネガティブ要素があるのでご注意を…)

-----------------------------------------------------------------

(1/1 投稿)

で、まあ想定されたことですが、序盤からルール外の例外的措置だったチーム形成を逆手に取った公募とかいろいろとあって、エネルギーはあるけど中々揉める感じになってしまいましたね。

このゲームですが、完全に今の形式になって3回目で、毎回多少のマイナーチェンジを繰り返していますが、大部分は常連の人たちが分析していて、シミュレーターも各所で作られていますし、結構勝ち筋が見えているんです。それを、じすさんの感性というある意味理不尽な采配によってギリギリ崩れずに保っている感じがしています。

まあ、アンディーメンテのゲームで多人数がかかわるタイプのゲームって、これに限らず、Sisterとか、GGDとか、シーツリーとか、ヴァーミリオンとか、全部こういう感じなんですけど・・・じすさんの手に負えなくなると衰退する印象があります。

自分的には毎回活躍したいなーとは思ってるんですが、大体マッチングの相性が悪くて、良くても2回戦ぐらいで敗退するので、あとはちょっと引いた眼で見れて何とかなっているんですけど、これに命かけている感じの方々は結構いて、自陣相手問わず出てきたキャラに対する誹謗やじすさんの理不尽な采配に切れてるコメントとか見ると難しいなぁと感じますね。

実際問題この辺りがめんどくさい感じがあり、アンディー・メンテを古くから追ってる人が年々ぽれんから遠ざかっているというのも、また少し寂しい感じです。元々のファンの年齢層が上がってしまったっていうのはありますけどね。ぽれんからもっと若人がアンディー・メンテに入っていけばいいのですが、いまいち広がらない感じはあります。音楽が気に入った人はAM CHAOS LOVEとか買おう。

といいつつも、じすさん的に強い意欲をもって開催されているので、大団円エンドで終わるといいなーと思っています。アンディーメンテのゲームによくあるぶち壊しエンドにならないことを祈ります。


(1/2追記)

大団円エンドについて書きます。

過去にいた明鏡止水、GGD、Seatree、フィジカリア、永遠教団は基本的にコンセプトチームだと私は思ってます。(フィジカリアは滅茶苦茶強かったので異論があるかもしれませんが、ポーンさんの仇を討つという設定との共鳴により最強感が生み出され、最終的にポーンさんがステスト秘剣フィジカリアを叫ぶことによってコンセプト化した認識です。どういうチームか説明する際に単純に「強い」ではないところにあるのがポイントだと思います。)

今回私も参加した、ヴァーミリオンのキャラクターたちもそうですね。あれは別にチームというよりはヴァーミリオンの大会に参加した時にもらえたEXTRA CARDを元にしたキャラクターを作って、それでヴァーミリオンという滅茶苦茶遊びにくくて、プレー人口が少ないゲームの宣伝をしてもらおうというものでした。動画内で全く宣伝されてませんけどね!

(ふたを開けると全体的に殺意が高いチームだったのでこれもアリかっていうと微妙ですけどね。さらに声が掛かっていた緑のエメラルドさんがヴァーミリオンのカード絵を使わずにスパイキャラをSTで登録してきたのでもうどうしたものかって感じでしたが…)

ちなみに、ぽれん5で経験しましたが、チームGGDは生い立ち記載は一切関係なくGGDっぽいキャラをぽれんに突っ込むと勝手に組み込まれますので、あれが一番分かりやすいコンセプトチームですね。

で、最終的にこういったチームは終盤ぐらいまでに負けていなくなることによって、じすさんの演出の枠で収まり、今まで特に揉めることがなかったと思ってます・・・というのは嘘で、実際にはそういうレベルであっても色々なもめ事があり、一部の方がこれにより参加しなくなってしまったと思います。ただ、ぽれん自体が崩れるようなことは無かったという認識です。

結局、例外的なやり口で自分が愛情をもって作ったキャラが負けて活躍できないのって嫌じゃないですか。そういうキャラが最後まで残ってしまう、さらに言うとそういったキャラのみが両陣営で最後まで残って最終戦が例外VS例外になると禍根を残すと思うのです。こうなると多分最終戦終了後に禍根が噴出して、ものすごく荒れるので、これが起きないことが大団円エンドだと思っています。

この追記を書いている1月3日時点で130試合目ですが、ST側はチーム竜子しか残ってないので大団円エンドの条件はもう満たせないと思います。さらにAM側もチームカウンターの例外を持つ、つねのロンリースネイカーが居るのでこっちもかなり厳しいです。何とかなる流れは、AM側がロンリースネイカーを出さずにST側のチームに勝つというものですが、正直このエンドに到達するのは難しいと思います。

いや、まあ考えすぎかもしれませんけどね。終盤は本当に白熱した試合が多いので単純にその辺り気にしないで見ている分にはものすごく楽しいです。なんとなく、そういう理由でぽれんに参加しなくなる方をこれ以上増やしたくないという思いでエンディング条件っぽいことを書いたのですが、エンディングがどうであろうとその後の結果は変わらないような気もします。

とりあえず明日最終試合が投稿されると思うのでそれを待ちましょう。


(1/4追記)

終わりました。132試合は上記で書いた大団円エンドが実現できるかとちょっとドキドキしましたが、惜しくも達成には至りませんでした。

Twitterに「ラスボス戦は勝者にのみ挑戦が認められたエキシビジョンのイメージ」と投稿しましたが、説明が面倒なので省きましたがあのラスボスの構成はじすさんが「みんないなくなって寂しいよ」といっている感じがしてちょっと辛かったです。

品川魔人学園にも出てくるAMファンのYUMITOさん、sunnaさん、parioさん、ポーンさんの過去キャラ(いずれもポレン6未参加)+つねのロンリースネイカー(例の例外効果で2倍ステータス)を、ストーリ上DIABLOさんの例外キャラ(次回から不参加予定)が召喚したという構成でした。

一夜明けて、まあTwitterがチームの是非とかで荒れてます。これも前述の過去の対人AMゲームの流れを再現しているようで見ていて辛いです。他の大多数の方もそう思うと信じてますので、Twitterにはこの記事含めてそういう内容の投稿は一切しません。私には画力がないので無理ですが、お疲れ様でした絵が大量に投稿されることを願っています。

色々と皆さん正論を言ってますが、sisterやGGDの過去の流れを見ている限り、最上位のレベルでの繊細なバランス調整についてはじすさんは滅法苦手ですので、次回ポレン7が開催されたとしてこれだけはあまり期待できないです。(動画自体はいつもどおり面白いでしょうが…)ただ、良く話に挙がっていたチーム廃止はフェアにするための正論だとは思いますが、チームは本来熱い「友情パワー」的な感じのフレーバーなので、無いと淡々と試合が進んじゃうんですよね。難しいです。

いろいろな要因があって、今回の開始時点でもうポレンには関わらんという人を一定数知っていました。さらに来年は関わらんという人も結構出ているのを見ていて、このまま衰退でさらに荒れるというのが一番つらい流れなので何とかなってほしいとは思うのですが、正直私にその答えは思いつきません。

じすさんの負荷を度外視するなら、例えばルーシーのようなカード制にするとか、イブニングパークのようなRTBにするとか、フェアな状態に1からシステムを作り直すしかないと個人的には思いますが、それは果たしてぽれんなのかは謎です。

なお、私はその辺り一歩距離を置く感じで関わってしまう性分なので、来年もいつものキャラ(ディムシリーズ)とその場の流れの新キャラで投稿するとは思います。

ちなみに年末が滅茶苦茶忙しくて自キャラにかける画力と時間が近年にも増して無かったので、その結果としてふぁぼとコメントが全然ついてないのがまた辛いです。辛い尽くしだーーー!!

ということで今回投稿したキャラです。ふぁぼかコメントください!!(切実)

1回目のキャラと関連性が名前しかないのでシリーズ扱いされず皆勤リストに入ってない「ディムネル」(初戦敗退)

(キャラ)http://andymente.moo.jp/lucifer/member/?p=phelen4charpage&charid=81&phelen_mode=6

(試合)https://nico.ms/sm34382610

ヴァーミリオンエクストラカードの「VeNEDICT」(初戦敗退)

(キャラ)http://andymente.moo.jp/lucifer/member/?p=phelen4charpage&charid=16&phelen_mode=6

(試合)https://nico.ms/sm34384798