ややサボりがちにアンディーメンテのことを書く日記

2011-05-08PIP3に参加してきたよ

5/8に平和島公園で行われたPIP3にteamラブイズブラインド魔女として参加してきました

ルールとか

PIP、PIP2とも参加したことがあるのですが、PIPは毎回ルールが少しずつ違います。

基本的には5~6人のチームに分かれ各チーム内でジョブを割り振り、公園内で探索をしながら他チームとデュエルをし財宝ポイントの総計を競い合うゲームです

今回のPIPのルールはパーク内に隠されたMPカードを探索しMPを蓄積、各ジョブで決められた技をMPを使用してデュエルし、財宝ポイントを貯めて総計を競いあうルールした。詳しいルール公式ページをどうぞ。


公式ページではわかりにくいところを補足すると

各MPカードはA~Uのアルファベットと赤/青/緑/桃の四色の色が割り振られています。

A~Gは1ポイント、H~Mは2ポイント…というようにポイントが決められており、アルファベットの後半に行くに連れて配分数値が大きくなっていました

発見したMPカードのMPは、チームのメンバーすべてに分配されます

実際のカードはこんな感じ↓

f:id:quadlibet:20110511020442j:image


このカードを見つけると、チーム全員の赤きMPが+2ポイントされる、という感じ。

発見で蓄積できるMPは各色最大47。ただし、どこも全部見つけたチームはなかったようです

HPの初期値は各チーム一律10、ただしウィークネスクラブは一律8、明鏡止水は各チーム5人のところを6人の変則チームだったため一律6でした


デュエルで勝利すると公式ルールで示されている財宝ポイントの他にexpもひとつ加算され、expが6、11、16になるとレベルがあがります

レベルがあがると使える技も増え、戦術バリエーションも増えるのでデュエルでの勝利も大きなポイントの一つでした


また、各チームのリーダーにはミッションが書かれたシートが配られ、

ミッションを達成するとMPや財宝ポイントがもらえました

赤MPカードをすべて見つけて赤き鳥の舞という謎のダンス創作して披露するとか、

各色の「L」カードを全て見つけたあとにウィークネスクラブを指差して「やーい弱いやつらめぇえええ」と罵倒するとか。

ミッションは各チーム違うものが配られていたため、

侍チーム明鏡止水の座禅軍人チームMIPの軍人コント、昼休み直後のポーンさんの演説などゲームスパイスが添えられて面白かったです

ミッションで強制されなくてもチームマーガレット全員がポーンさんへの愛にあふれ過ぎていました。すごかった。


午後になってからMPカードを探索の他に、財宝ポイントを支払うことでも購入できたので

ミッションをかなりこなすことが出来ましたが、赤き鳥の舞を踊ることは出来ませんでした… 踊りたかった…


ジョブとか

私の担当したジョブ魔女、公式webの説明によるとチームのアタッカーした

魔女たるもの、デュエルの際空中に魔方陣を指で書いてみたりすべしって書いてあったのに対戦中はすっかり忘れてました

同チームの侍ジョブの人も忘れてたので勘弁してください。


魔女スキル特徴はアタッカーらしく、各色強力な攻撃スペルを取り揃えていました

桃MPを消費して相手を攻撃するスペルが相手のMPを削る技だったのです

一度のデュエルで打てるスペルは1回のみのため、MPを削る技は相手のスキル及びMP残量を把握していないと効果が薄いと最初デュエルで実感。

残りの桃MPはメンバーHP回復スペルにすべてつぎ込みました

青MPスペルほとんどHP回復に注ぎ込んでしまったため、青MPの大技が打てなかったのが心残りです


対戦成績とか戦術とか

覚えている限りで。


午前 ミッシングナイツマーガレット→×マジックイズオール→○ステッパーズストップ→×エネミーイズマジョリティ→○ミッシングナイツ

午後 ステッパーズストップ→明鏡止水→○MIP→×エネミーイズマジョリティ→○マーガレット→○ミッシングナイツ→明鏡止水→○MIP


将軍スキル等で経験値をあげてもらいましたが、最終的にレベル4まであがってカンストしたので、

かなり気持ちよく対戦させてもらうことができました。わーい。

特に印象的だったのが、HPを高めにしておいたか大丈夫だろうと午前中のスペルを出し惜しみした結果負けたマジックイズオールとのデュエル

なんか交換条件をいっぱい出されたステッパーズストップとのデュエル

午後最後ほとんどのMPを財宝ポイントに変えて清算したあとに申し込まれたMIPとのデュエルした

青MPは財宝ポイントに変えられなかったので攻撃スペルが打てると思ってなかったらしいです


PIP全体の戦術として、最後HPが高い方が勝ち上限は実質なかったため、(管理表の関係で100でカンストしますが)

レベルをあげて物理で殴る」ならぬ「HPをひたすらあげてねこぱんち」が最強でした

回復手段が乏しかったり、HPを削って攻撃する軍人を抱えてたチームは相当厳しかったようです

逆に、コストの安いHP回復手段をもつ姫とデュエルするたびにMPを生成できる数学者コンビが居るチームはかなり優位にことを進めていました


結果感想

1位エネミーイズマジョリティ(姫、侍、盗賊盗賊数学者)145ポイント
2位ラブイズブラインド(将軍、侍、魔女テレパス、姫)116ポイント
3位ウィークネスクラブ(将軍盗賊テレパス数学者、姫)108ポイント
4位明鏡止水(将軍、侍、侍、侍、姫or数学者)84ポイント
5位ステッパーズストッ(将軍、侍、魔女テレパス数学者)69ポイント
6位マジックイズオール(姫、魔女魔女魔女テレパス)60ポイント
7位マーガレット(将軍軍人、マルガリータ、マルガリータ、数学者)52ポイント
8位ミッシングナイツ(姫、侍、軍人テレパス盗賊)47ポイント
9位MIP(将軍軍人軍人盗賊数学者)45ポイント


こうしてジョブ一覧も一緒に並べてみると、姫と数学者の組み合わせが如何に凶悪かわかります

その中で我らがラブイズブラインドは健闘したと思うんですが、

私自身は前回も前々回もラブイズブラインドで参加し、2位だっただけに悔しさが募ります

うわーんかちたかったよー メダルしいよー!!!


うそう、それと優勝者にはじすさんよりPIP大統領メダルが贈られました

こんなの↓

f:id:quadlibet:20110511020443j:image


一緒に戦ってくれたラブイズブラインドのチームメンバーをはじめ、遊んでくださったみなさんありがとうございました

すげえ好戦的魔女ですみませんでした

色々荒削りなゲームだとは思うのですが、それも含めてPIPの魅力なので

4年後でもいいので、ぜひPIP4の開催を待っています。とても楽しかったです

ゲスト



トラックバック - http://andymente.g.hatena.ne.jp/quadlibet/20110508