いぬ型干渉体(日記) このページをアンテナに追加


レッツプレイSISTER!
SISTER・対戦の手順説明(図入り)
SISりはじめたばかりのあなたが困った時のためのFAQ
お気に入りデッキ登録法

主な記事目次(攻略メモ・レポ・考察・SISログ等)   この日記の全記事一覧・検索
  

11/11/08

[]2010年9月~2011年8月版 2010年9月~2011年8月版 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 2010年9月~2011年8月版 - いぬ型干渉体(日記)

今年は文フリ参加により2ヶ月強の遅れとなりましたが、年イチで作っているアンディー・メンテ活動記録まとめです。

正確には、ゲーム、動画、ジェバンニpなど、アンディー・メンテ及び泉和良氏の活動全般まとめです。

なんで9月始まりなのかというと、この日記が2006年9月に始まったからです。それ以外に特に意味はありません。



昨年の。→2009年9月~2010年8月版

nico)と記されているものは、ニコニコ動画へのリンクです。ゲームタイトルは太字強調してあります。



2010年9月

  • ニコゲーで「ぴよ王」公開
  • ニコゲーで「ぴよ王2」公開
  • ニコゲーで「羊兄さんを追いかけて」第一章・第二章公開
  • AM SHOPからサントラ『アケローンの音楽』発売

2010年10月

  • AM最初期作のひとつ「シー・メル」が、13年の時を超えて本家で公開
  • 「その炭鉱の名は。」ver220になって正式公開へ

2010年11月

  • AM作品用のネットサーバーが移転
  • ハヤカワ文庫JAから、泉和良『セドナ、鎮まりてあれかし』刊行(→感想
セドナ、鎮まりてあれかし (ハヤカワ文庫JA)

セドナ、鎮まりてあれかし (ハヤカワ文庫JA)

  • 同月に発売された『SFマガジン』2011年1月号に、泉和良インタビュー掲載
S-Fマガジン 2011年 01月号 [雑誌]

S-Fマガジン 2011年 01月号 [雑誌]

  • この時期、ニコゲーで「羊兄さんを追いかけて」が第六章(第六話)まで進んでいたようです

2010年12月

  • ニコゲーで「羊兄さんを追いかけて」第七章公開
  • 局地的にねーむタローブーム発生
  • AMサーバーがお亡くなりになり、ニコ生で告別式や偲ぶ会が行われる
  • SISTER天」、ver6.2tに。アイコン一個追加?

2011年1月

  • 年明け後、恒例のクイズ大会が開催。長時間の激闘に力尽きるプレイヤー続出(→参加レポ
  • 「ぬいぐるみを殴らないで2」公開
  • AMサーバーが復活。ネット対応作品が再び遊べるように
  • 「Wired Colosseum」公開

2011年2月

  • 4年ぶりにLUPIAライブが行われる


2011年3月

  • 『エレGY』舞台化や、ニコゲー終了などの情報が駆け巡った

2011年4月

エレGY (星海社文庫)

エレGY (星海社文庫)

  • 2011年4月27日をもって、ニコゲーのサービスが正式に終了。「ぴよ王」「羊兄さんを追いかけて」シリーズがネットシーの果てへ葬られた

2011年5月

  • 平和島公園でPIP3開催
  • 『エレGY』舞台版、明治大学で上演

2011年6月

  • 山根万理奈のカバーミニアルバム『人のオンガクを笑うな!』に、ジェバンニpの曲『すすすす、すき、だあいすき』が収録。iTunes Storeの「今週のシングル」に選ばれ、1週間無料配信される
  • 星海社FICTIONSより、泉和良『私のおわり』刊行(→感想
私のおわり (星海社FICTIONS)

私のおわり (星海社FICTIONS)

  • 曼荼羅pとジェバンニpによる「てるてる坊主企画」企画、5日間連続で曲がUPされる

2011年7月

  • AM夏祭り前夜祭と称して、電子海でezory帝国 vs きたからい帝国がばんばんする(→当日レポ
  • AM夏祭り開催。テーマは「チラリズム」
  • 『SFマガジン』2011年8月号の初音ミク特集に、泉和良『DIVAの揺らすカーテン』掲載
S-Fマガジン 2011年 08月号 [雑誌]

S-Fマガジン 2011年 08月号 [雑誌]



2011年8月

  • 原宿のニコニコ本社より、ニコ生が行われる。カオス
  • 曼荼羅p&ジェバンニpのコラボが再び実現。線香花火企画
  • 「怪盗プリンス」、実に8年ぶりにverUP。ギルド追加等ゲームバランス修正


2010年9月~2011年8月個人的まとめ

公開されたゲームは、今は亡きニコゲーで9本(たぶん)、「シー・メル」のように再公開されたものは除いて、新作が3本。

ニコゲーの「羊兄さんを追いかけて」シリーズは、どの辺だったか忘れたんですがAM SHOPでサントラ(!)も発売されるほど気合の入った作品だっただけに、サービス終了が惜しまれてなりません。

AM SHOP自体も現在閉鎖しており、これはたぶんジスカルドさん多忙につき……ということだと(一部勝手に)想像しているのですが、AMはサントラ・オリジナル曲ともにとても素晴らしく、サントラを買ったのが私がAMにどハマりするきっかけでもあったので、いつか何か別の形でファンの方が音楽を購入できるようなシステムが生まれないかなあ、と思うのでした。

作家・泉和良の新刊も、『セドナ、鎮まりてあれかし』、『私のおわり』、そしてデビュー作『エレGY』の文庫化など充実してましたね。

私自身のベストは、『SFマガジン』に掲載された短編『DIVAの揺らすカーテン』でして、この号の初音ミク特集に因んでのボカロネタということもあり、これはジェバンニpファンの方にも、泉和良ファンの方にも大変オススメできる内容です。

そして「怪盗プリンス」のまさかのverUPは、青天の霹靂でした。かなりこれ、注意しないといわゆる「詰み」に近くなりやすい作品なのですが、レベルが低いキャラ用の救済ギルドが増えたり等、難易度が全体的に少し低くなったのかなという気はします。「昔クリアできなかった」という方も、セーブデータは使えますので再挑戦されてみるものよろしいかと。


当「いぬ型干渉体」、ついに5周年でして、我ながらけっこう続いたなあと思います。「がんばって続けるぞ」とか全然思ってなかったからでしょう。マイペースでプレイ日記とかAM情報あれこれを書いたりまとめたり、というスタンスは今後も変わらないと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

10/09/14

[]2009年9月~2010年8月版 2009年9月~2010年8月版 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 2009年9月~2010年8月版 - いぬ型干渉体(日記)

9月恒例、毎年この時期に作っているアンディー・メンテ活動記録まとめです。

正確には、ゲーム、動画、ジェバンニpなど、アンディー・メンテ及び泉和良氏の活動全般です。

もうこれ作るのも4回目‥‥つまりこの日記も4周年ですね。8月締めの形式になったのは「日記書き始めたが9月だから」という単純な理由ですが、AM的には「夏」のほうがイベントが多くてワーッと盛り上がる傾向があるので、1月から12月まで形式よりもある意味いいんじゃないかとか思う昨今です。


昨年の。→2008年9月~2009年8月版

nico)と記されているものは、ニコニコ動画へのリンクです。ゲームタイトルは太字強調してあります。



2009年9月

  • ジェバンニp、7日間連続で曲を作る「レインボーライン計画」を9/4に無事フィニッシュさせる。始まりが昨年8月末だったので、詳しいことは昨年の記事に入れました。
  • 『小説すばる』10月号のコラムコーナーに、泉和良『ウッカリショッピング』掲載
小説すばる 2009年 10月号 [雑誌]

小説すばる 2009年 10月号 [雑誌]


2009年10月

  • アールエス」、約8ヶ月ぶりにverUP。以降、2010年1月下旬まで20回以上のverUPが行われた。
  • ジェバンニp、なんと初音ミク曲『恋ノート////』を発表してファンを仰天させる。『初音ミク -Project DIVA-』アーケード版への応募曲であった。以下、応募用の何曲かが続く


2009年11月

  • 「どろんでござる、ミク丸くん」公開。ver1.9までは「エディットモード」を付属させ、プレイヤーからマップを募集していた。ver2.0で「エクストラモード」としてその追加マップが公開される。
  • 「彼女の見たSky」verUP

2009年12月

  • 小説家泉和良先生が、24時間連続生放送にチャレンジしていたらしい
  • ジェバンニpの2ndアルバム『リンのてつがく!!』、KarenTレーベルから発売。iTunes Storeなどで配信開始される

2010年1月

  • 恒例の年越し企画・AMクイズ大会が元旦の朝3時から開催。ジョブと所属チームを選べるという新ルールが採用される(→クイズ大会レポ記事
  • 「地球が終わってしまうまで」公開
  • AM SHOPから、サントラ 『ぢ』 発売

2010年2月

  • 「電子海のはなし」公開
  • 「電子海のはなし」verUPラッシュ。2/27の時にver068だったので、二十日間の間に60回以上のverUPが行われていたらしい

2010年3月

  • 『初音ミク -Project DIVA-』アーケード版に、ジェバンニpの初音ミク曲『恋ノート////』が採用される

2010年4月

  • 色々あってサーバーが使えなくなり、電子海やskyなどのネットワークゲームが無期限休止になる
  • と思ったら一日でアンディーメンテサーバーが設立されるというまさかの展開(→その時の記事

2010年5月

  • 「じんじゃ」「しんXファイル」公開
  • AM SHOPから、テクノなCD 『okane nakuna tta』 発売
  • 「その炭鉱の名は。」公開

2010年6月

  • 「その炭鉱の名は。」verUPラッシュ

2010年7月

  • 廃盤になっていた 『DREAM!!!!』 『Cyber Pink』 のCD作品二枚が、AM SHOPで、『DREAM and CYBER PINK』と一枚に統合して再販される
  • 「01.entrance / Welcome to my room」

    • 以下、「Welcome to my room」シリーズ9曲が発表される
  • AM SHOPよりCD 『Welcome to my room』発売。チルアウトな一枚

2010年8月

  • AM QUEST」公開
  • AM SHOPから、ゲームサントラ 『絶対的人狼』発売。ゲーム本体はステッパーズ・ストップ作品だが、作曲がFlying Lucifer氏だったため(ゴーストブリッドと同じパターンですね)
  • ジェバンニpの3rdアルバム『ミクのヒミツノート』、2ndと同じくKarenTレーベルから配信開始される

2009年9月~2010年8月個人的まとめ

この期間内に公開されたゲームは全7本。中でも「電子海のはなし」が私にとっては印象深いです。途中でサーバーが使えなくなる危機を乗り越えて、「一晩でやってくれました」(サーバー設立)という展開を目撃してしまったので。

春先にはAMプチオンリー開催発表とか、「ガニュメート・ストレス」を元にした演劇の公演とか、ファンの方による活動がどわっと来てワクワクしました。

あと、生まれて初めてAMファンの方とプチオフ会したりとか、SISTERも最近また少し盛り上がりが戻ったとか、何かと嬉しい一年でした。この日記を書き始めた頃には全然想像もできなかったことばかりで、AM万歳。

09/09/05

[]2008年9月~2009年8月版 19:39 2008年9月~2009年8月版 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 2008年9月~2009年8月版 - いぬ型干渉体(日記)

今年も秋風と共に振り返る、アンディー・メンテ関連いろいろ及び小説家泉和良でジェバンニpだったりする方の活動記録らしいもの。


昨年の。→2007年9月~2008年8月版

nico)と記されているものは、ニコニコ動画へのリンクです。


2008年9月

  • アールエス」のverUPが引き続き行われる。メニューボタンのデザイン変更など色々
  • テレパスミュージックのラジオがあったらしい
  • 「やきにく」公開。まさかのツクールVX作品

2008年10月

  • 「トップガン」公開
  • STUDIO VOICE』2008年11月号がゲーム特集。泉和良インタビューが掲載される(→感想
  • 『パンドラVol.2 SIDE-A』に、泉和良『さよならのメテオ』掲載(→感想
パンドラ Vol.2 SIDE-A

パンドラ Vol.2 SIDE-A


2008年11月

  • 運動会オフが行われる
  • 「コロンのハコ」のverUPがものすごい勢いで続く
  • 講談社BOXにて、泉和良『spica』発売
spica (講談社BOX)

spica (講談社BOX)

  • 文学フリマで頒布された『新文学』に、泉和良氏の記事が載っていたらしいです

#参考リンク:『新文学』参加者・正式発表 - 萌え理論Blog

  • コミティアにて、ステスト+AMブースが参加
  • 「SISTER・天」が奇跡のverUP。ペーストボタンが実装され、超快適になる
  • 「SISTER・天」が5.9tになった

2008年12月

  • コロンのverUPがまだまだまだ続く
  • 「SISTER・天」が6.1tになる。新カードがすごいことに
  • 『パンドラVol.2 SIDE-B』に、泉和良『チルミ's LIVE CHANNEL』掲載
パンドラ Vol.2 SIDE-B (講談社BOX)

パンドラ Vol.2 SIDE-B (講談社BOX)

  • 46人のAMファンによる動画「Sunshine X'Mas PV」公開

  • アルバム「SISMIC 2」「AM TOYS」「AM ELECTRONICA」が、AM SHOPで発売開始

2009年1月

  • コロンのverUPは止まらず。hill追加

2009年2月

  • 「彼女の見るsky」公開
  • コロンとskyの同時起動が可能になる
  • iTunes Storeで、ジェバンニpのアルバム「リンのぜんぶ!!」配信開始

2009年3月

  • 「ぢきゅうぢそく」公開。怒涛のverUP
  • 『ユリイカ』2009年4月号がRPG特集号。泉和良「変身するRPG ドラクエ~オンラインRPG~オブリビオン・Fallout3」が掲載(→感想
ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険

ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険


2009年4月

  • 「ぢきゅうぢそく」verUPしまくり。出演キャラが30名を越す

2009年5月

  • 講談社BOXから、泉和良『ヘドロ宇宙モデル』発売(→感想
ヘドロ宇宙モデル (講談社BOX)

ヘドロ宇宙モデル (講談社BOX)

  • Hokk@loid Festivalでジェバンニpの新曲が流れたらしい
  • 「彼女の見るsky」verUP。ビーコンや月など、いろいろ浮かべられるように
  • 「コーラのダンボール」公開

2009年6月

  • GGDがverUPされる

2009年7月

  • PSPソフト『初音ミク -Project DIVA-』に、ジェバンニpの曲が収録される
初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(特典なし)

初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(特典なし)

  • ニコニコ生放送でなにか始まったりしていたらしい
  • 「彼女の見るsky」が静かにverUP
  • 「アケローン調査書」が再販され、AMSHOPに並ぶ
  • 『ユリイカ』2009年8月号、菅野よう子特集。泉和良「昔、菅野よう子さんのことを卒論に書きました」が掲載
  • 夏祭り開会式で生放送。後半突然AM質問コーナーになってのけぞる

2009年8月

  • 夏祭り閉会式で再び生放送。大賞はLUPIAのカバー動画に決定。おめでとうございます(→その時の日記

  • 炎天下で行進ゲームをするプチオフが行われたとの噂
  • 『パンドラVol.4』に、泉和良『FPS症候群の君に』掲載
パンドラ Vol.4 (講談社BOX)

パンドラ Vol.4 (講談社BOX)

  • レインボーライン」2年10ヶ月ぶりにverUP。新ステージ・スタート画面のグラフィック追加
  • ジェバンニp、8/29~9/4にかけて、7日間で7曲UPというレインボーライン計画を突然始動。結果は、「ジェバンニpが7日間やり遂げてくれました」

2008年9月~2009年8月個人的まとめ

この期間内に公開されたゲームは全6本なんですけど、結果的に「コロンのハコ」が自分にとっては一番でかかったです。まさか、コロン経由でSISTER対戦の機会が増えて、日記にSISカテゴリを作るまではまるとは思ってもみませんでした。

SISTERの大会にも初参加できましたし‥‥震えるほど緊張して、ボロ負けしたけど楽しかったです。本当にみんなもっとSISTERやればいいと(略

「あおいほし2」や「ナイトinナイツ」シリーズなど、今まで未プレイだった作品に取り掛かって無事クリアできたのも、どこかの記事に書きましたが、夏休みの宿題が終わったようで嬉しいです。

アールエス」のファントムクリアしてないとか、「銀河迷宮宝物」のボス倒せてないとか、数年越しの物件がまだまだあるんですけどね。

特別に嬉しかったのは、2009年も夏祭りが行われたことです。まさかテーマが「コーラ」だとは思いませんでしたが。いつも予想より斜め上というか垂直な展開、それがアンディー・メンテ・スピリット。


この日記も、ぼちぼち三周年を迎えようとしております。これからもマイペースで書いていければなあ、という感じです。グループandymenteという場がなければAM日記を始めることもなかったでしょうし、ましてここまで続けられるとも思えなかったので、改めて感謝の意を。

これからもよろしくお願いいたします。

08/09/01

[][]2007年9月~2008年8月版 23:10 2007年9月~2008年8月版 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 2007年9月~2008年8月版 - いぬ型干渉体(日記)

今年も整理を兼ね、アンディー・メンテ及びジスカルド氏の活動を時系列順に振り返ってみました。

長いので折りたたみます。


昨年の。→2006年9月~2007年8月版

動画に関しては、楽曲を中心に、2008年9月1日現在も公開されているもののみを記してあります。

nico)と記されているものは、ニコニコ動画へのリンクです。


2007年9月

  • 「ルインド・アース・リスペクト」公開
  • 「UNDER WORLD EX公開

2007年10月

  • 「あおいほし2」がニコニコ動画内でちょっと盛り上がる

2007年11月

  • 「スミレの花」がver1.4に。かんたんモード追加

2007年12月

  • 「AIRAM EVAがver1.8になり、EASYモード追加
  • 「チ」公開
  • in ニコニコ動画。ボーカロイド「鏡音リン」発売直後、オリジナル曲の動画が四日間で四曲も投稿される。動画には「X-FILM」という名義が記されていたものの、その驚異の制作速度から、投稿者は「ジェバンニP」と呼称されるようになった。正体は‥‥略。

2008年1月

  • まおうせいが縮小する

2008年2月

  • オフで運動会が行われる
  • 06年8月からの長い空白期間を超え、アールエスがバージョンアップされてver211に。PTBシステム搭載、インターフェイスの改良、などかなり大幅な変更が行われる

2008年3月


2008年4月

  • 講談社から、『パンドラ Vol.1 SIDE-B』発売。泉和良『エレGY』が全文掲載される
パンドラVol.1 SIDEーB

パンドラVol.1 SIDEーB

  • ニコニコ動画内で「3000シリーズ」というタグがつけられた楽曲群が発表される

2008年5月

  • 4月からの3000シリーズも含め、なんかものすごい数の動画が投稿される。麦チョコも続く。

2008年6月

  • 実験プロジェクト「テレパスミュージック」が開始される
  • ジェバンニpのネットラジオがあったらしいです
  • AM SHOPより、「3000series」「ジェバンニpのすべて」発売

2008年7月

  • 泉和良『エレGY』、講談社BOXから発売
エレGY (講談社BOX)

エレGY (講談社BOX)

講談社BOXサイト内特設ページ

  • 講談社BOXで公式サイン会(参加者は抽選)が行われる
  • 「君が忘れていった水槽」公開
  • アールエスverUPまだまだ続く。星屑や精霊の買取屋追加、クエストシステム導入、などなど。
  • テレパスミュージックのラジオが突然放送される

2008年8月

  • 「君が忘れていった水槽」verUPたくさん。セルの名前や背景画像の公募なども
  • テレパスミュージックのラジオ第三回が突然放送される

2007年9月~2008年8月個人的まとめ

昨年夏に流水大賞を受賞されたことから、作家・泉和良氏の活動(雑誌掲載等)は予想していたものの、ジェバンニpというのは脳みその斜め上をいく展開でした‥‥。曲のクオリティも素晴らしすぎます。自分が好きなのは「リンカネーション」「すすすす、すき、だあいすき」「麦チョコ」であります。

「プリミティビ・エイジ」のようなライフゲーム系統も好きだったので、「君が忘れていった水槽」はもちろん大好きです。水槽好きの人は歳だろうがなんだろうが、好きです。

それと、夏祭りが開催されたのは本当に本当に嬉しい出来事でした。普段まわりにAMファンの人っていないもんで、こういう公式企画は見てても楽しいし、緊張しますが投稿するのも楽しい。ライブとかオフ会というものも一回行ってみたいんですが‥‥地理的条件を考えるとそこまではなかなか無理かなぁ。

ゲームプレイヤーとしてやってたのはなぜか今頃「宇宙の果て」で、これをクリアできたのがこの期間内No.1の達成感あふれる行動だったような気がします。

「宇宙の果て」プレイ日記新章1最終章

「宇宙の果て」攻略メモ1攻略メモ2

来年の夏が今から待ち遠しいですね。

07/09/17

[][] 19:00 2007-09-17 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク

この日記を書き始めてから早くも一年が経過。

整理も兼ね、2006年9月~2007年8月までの主な記事や、アンディー・メンテ及びジスカルド氏の活動を時系列順に振り返ってみたいと思います。長いので残りは「続きを読む」から。


☆マークのは、ここの日記内の個人的トピックスです。

2006年9月

グループandymenteに参加してAM日記を書くことにする。 →最初の記事

☆記事「実際のところ、プレイ時間ってどれくらいなのか」を書く


2006年10月

考察記事チラシの裏的時系列メモ:「きせきの扉」→「アールエス」を書く


2006年11月

  • AMSHOPで冊子「地球塔調査書」発売開始。「チュルホロ星系調査書」も再販

2006年12月

  • 「プリミティビ・エイジ」公開 

「プリミティビ・エイジ 攻略というか観察日記とかいろいろ」

「プリミティビ・エイジの内側が少し明らかに」

  • 「ホーム」公開
  • 「プリミティビ・エイジ」がver2に

2007年1月

☆本家トップページに影響され、この頃から「宇宙の果て」をプレイし始める。

自分にしては意外と粘り、暇を見て半年以上プレイは続く。今もたまに続けてる。

「宇宙の果て」プレイ日記・110111213

「宇宙の果て」攻略メモ


2007年2月

  • LUPIA、1stLive

2007年3月

  • 「ウトナと3人の騎士公開
  • 放送「LUPIA NET RADIO」
  • DVD「LUPIA LIVE DVD」、CD「SISMIC」がAMSHOPにて発売開始

2007年4月

  • 「ソーラーくまちゃん」公開

2007年5月

  • 「サヨナラ」公開
  • LUPIA、2ndLive

2007年6月

  • 本家トップに崩壊予告が出る

2007年7月

  • LUPIA、3rdLive

考察記事「スターダンスとその周辺」を書く


2007年8月

  • 放送「AM NET RADIO 4th」

2006年9月~2007年8月個人的まとめ

公開されたゲーム新作は14本(たぶん。verUP、リメイクなどはのぞく)。

上記以外にも突発的なネットラジオ放送などもあったのですが、日記などを見直して日付がはっきりしなかった事項は除いてあります。

一番びっくりしたといえば間違いなく流水大賞の件ですが、調査書シリーズやLUPIAの新アルバムにも毎回驚いてばっかりです。ゲームでいうと「ウトナと3人の騎士」や「ライヂング☆スター・レジェンド」にも。地味に「プリミティビ・エイジ」も好きだったりします。マンモス倒せるとアドレナリンまくりますね。

あといまだに「宇宙の果て」をたまにやってることに自分でびっくりした。ギルドに行けたらやめようと思っていたのに、なんでファントムまで行ってしまったのだろう‥‥。AMは恐ろしいなあ。

*1:ジスカルドことlucifer氏が率いるハードロックバンド

*2:「アールエス」にはver.129からサブタイトル付属。ver.175~ver.200までの約一年間は「~ウェーブコイラバタフライ~」というサブタイトルで統一されていた

*3「ステッパーズ・ストップ」など、フリーゲーム制作サイトとの共同企画だったはず

*4:「ピースアイランド・パーク」の略。実際に公園舞台にして、リアルRPGを行うというもの