いぬ型干渉体(日記) このページをアンテナに追加


レッツプレイSISTER!
SISTER・対戦の手順説明(図入り)
SISりはじめたばかりのあなたが困った時のためのFAQ
お気に入りデッキ登録法

主な記事目次(攻略メモ・レポ・考察・SISログ等)   この日記の全記事一覧・検索
  

11/11/01

[]第十三回文学フリマお知らせ 第十三回文学フリマお知らせ - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 第十三回文学フリマお知らせ - いぬ型干渉体(日記)

今回はAM同人誌じゃないんですが、フリーゲーム同人誌の新刊ができたので持参します。

会場: 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)

サークル名:いぬ型干渉体(イヌガタカンショウタイ)

配置番号:オ-42(2階・Fホール)

f:id:ezory:20111101012203g:image

【本詳細】

  • タイトル:『お前がフリーゲームを愛さないなら』
    • 仕様:A5・36P(コピー本/中綴じ)・300円
    • 傾向:フリーゲームネタエッセイ・オール文字本
    • 文字数:約1万6千字

【内容】

    • おねいさんと私
    • ああ、幻の「どばしくん」
    • フリーゲームと商業化のはなし
    • あるフリーゲームマニアの独白

目次サンプル

本文サンプル

前半は自分と特定作品の思い出を、後半は日本のフリーゲーム全体と現況をなるべくわかりやすく書いてみました。文字が大きめなので気軽に読んで頂ければ。

【他、委託でお取り扱いするもの】

  • 『512メガショック!2』(サークル:m@mesiba)

前にご紹介した、ゲームコラム同人誌です。フリゲ記事全般を担当させて頂きました。どこから読んでも楽しめる一冊です。


今回の新刊は、昨年と同じく通販や他イベント委託も検討しています。でも文フリでお手に取って頂けるとすごく嬉しいです。いや、文フリってそんなにゲームに関する本を出すサークルさんがいらっしゃらなくて、わりと苦戦しやすいのです……。

あと、隣接配置を申し込んで、お隣が「NEKOPLA」(→サイト:ねこプラ)の方=『肉ジャンプ』『テレビ殴り』『風呂』の作者さんという濃いことになったので*1フリーペーパー『肉ジャンプ新聞』を配ります。

会場内のチラシ置き場にも置かせてもらうので、気軽に持ってってください。

それでは文学フリマで僕と握手!(がしっ)会場が今回から、蒲田じゃなくて流通センターに変更されたのでお気をつけて。

*1:あちらの既刊・新刊はフリーゲーム系ではなく、既刊は日常エッセイ、新刊は幻のカップヌードル「タイムカン」本です。おもしろいよ!

11/06/01

[][]AMプチオンリー「AM秋祭り2011」告知サイト AMプチオンリー「AM秋祭り2011」告知サイト - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - AMプチオンリー「AM秋祭り2011」告知サイト - いぬ型干渉体(日記)

今年もどなたかがAMプチを開催されるのでは? という情報がちょっと出ていましたが、正式な告知サイトがオープンしました。

AM秋祭り2011

2011年10月23日(日)開催、COMIC CITY SPARK6 の内で行われるそうです。

去年に引き続き、自分もサークル参加……あるいは一般参加、どちらにせよなるべく参加したい!とぼーっと思っております。いや、ぼーっとしてちゃいけないんですが(スケジュール的な意味で。去年は自分の計画の甘さでまあまあ大変な目に……)

10/12/28

[]冬コミ1日目、『AM迷宮探索書』委託&今後(ちょっと重要) 冬コミ1日目、『AM迷宮探索書』委託&今後(ちょっと重要) - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 冬コミ1日目、『AM迷宮探索書』委託&今後(ちょっと重要) - いぬ型干渉体(日記)

もう明日です。イベント一覧に書いてたとはいえ告知遅れてすいません。

少部数ですが、サークル「m@mesiba」様に『AM迷宮探索書』を委託で置かせて頂く予定です。

会場: 東京ビッグサイト

委託先:「m@mesiba」

スペNo.:西ゆ 14b

文学フリマでプチ好評だった、「フリゲのジャケットを作ってみた展示」も再度行われる予定だそうです。

「m@mesiba」主催の霧越なつみさんのblog→(マコトナソナタ)に文学フリマの時のこの企画の写真も載っております。「作ってみた」実物、ちゃんとDVD用ケースを使っていてかっこいいので、ぜひ見にいらしてください。


AM迷宮探索書』今後の頒布予定について

イベントでの頒布予定は、12/28現在特に今後予定しておりません。

通販は、「ゲーム探偵団」様でまだ取り扱って頂いてます。(注:完売したようです)都合で冬コミに来られない方や、冬休みに初めてこの本を知ったので欲しくなった!という方はこちらへ。


ゲーム探偵団

陳列ページはこちら→

(同人誌) AM迷宮探索書 (ゲーム探偵団・ゲームミュージック館)

残り部数わからないのですが、恐らくちょっとしかないのでお早めに。これが完売したら(たぶん)ぼちぼち撤収に入るかと。

以下、ここに至るまでの経緯とか。


元々、AMは本家が常に予想もしない形で進化し続けるものだとも感じていたので、特にVeNEさんとのサントラ対談、泉和良さんへのインタビューなどの「今」を収録するような記事は、誰のせいでもなく、後々には本文と食い違う面が出てくるだろうなとも予想していました。

事実、7月にサントラ対談を行ってからも、『DREAM and CYBER PINK』の再販がありました。そして何より9月後期に発売された『アケローンの音楽』では新たに多くのAM名曲が編み直されており、この一枚の存在だけでも対談の後半がまったく異なったものになったであろうことは想像に難くありません。

考察部分については、今後別の作品で新たな展開がない限り、さほど古びない部分だとは思いますが……まあ元が「AMプチ用に文字ばっかりの濃い本を作る」だけの野望でスタートしたまさに俺得本でした。

おかげさまでAMプチオンリー後も、ご厚意で数度イベントに委託で置いて頂きました。その間にも、これも様々なご縁と先方のご厚意で通販が実現し、事前に行ったアンケートで「通販があったら買いたい」に○をしてくださった方々のご要望にも、もう大体応じられたかなと思います。

上で「たぶん」が多いのは、コピー本なので、やろうと思えば少部数でも再販はできるのです。

ただ、一部の材料がちょうど冬コミ分で切れたこと、仕入れていたところの事情が変わり、再入手には大量の単位で注文しなければならないこと、などがありまして。それに加えてAM本家の変化や事件(例:ネットゲームサーバー用PC死亡)もあり、まあこの本の記事の約半分くらいはやっぱ賞味期限が切れつつあるかもなーという気分になってきたというわけです。

まあ一言でいうと「本の再販はそういうわけで今後はちょっと難しいよ!」「あとイベント充しすぎてこのままだとバチが当たりそうだから、冬はなるべくおとなしく充電するよ!」って感じです。プレイできてないフリゲもたくさんだし、アールエスのverUPとかもまだ見れてないという。

AMやフリーゲームについて書きたいことのネタは、油断したら腐るほど貯まってますので、またそのうちなにかの形で出せれば、と強く思っています。では。

【その後追記】

通販分も完売したようで。ありがとうございました。感謝!

10/12/02

[][]12/5(日)第十一回文学フリマに参加します 12/5(日)第十一回文学フリマに参加します - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 12/5(日)第十一回文学フリマに参加します - いぬ型干渉体(日記)

イベント参加予定一覧で告知してたあれですが、今週末なのでもっぺん宣伝。

ゲームコラム本『512メガショック!』シリーズを発行されているサークル、「m@mesiba」さんに、『AM迷宮探索書』を委託で置かせてもらいます。私も売り子お手伝いとして北から飛んでく予定です。よろしくお願いします。

会場: 大田区産業プラザPiO

サークル名: m@mesiba(マメシバ)

スペNo.:エ-17(小展示ホール)

  • マイナー寄りのゲームコラム本。商業・同人・ハード問わずゲームへの愛を熱く綴った合同誌。「512メガショック!」→11人参加、豪華イラスト扉絵付な盛り沢山コラム。「512メガショック!2」→『フリゲのフリーは自由のフリー!』なフリーゲーム特集と、弓を堪能しよう!な弓ゲー特集+コラムを5人構成でお届け(サークルリスト紹介文より)


【!実際にご来場予定の方に注意!】

文学フリマ、会場は前回と同じところなのですが、スペース数増加にともない今回から小展示ホール(2F)も使用されており、ずばり「m@mesiba」の配置も2Fです。

つまり何が言いたいかっていうと、1Fだけ回って「見当たらないよー!」ってなんないようにしてくださいねということです。

他のAM関係物は、レジェンドで余った分の紹介ペーパーをちょびっと持ってく予定です。

あと今回、「m@mesiba」主催の霧越さんの「新刊ない分ディスプレイでなんか面白いことやりましょう!」な気合により、『512メガショック!2』のフリゲ特集で取り上げた全5タイトルの「ジャケットを作ってみた!」ディスプレイやります。*1

それぞれファンの方にイラスト描き下ろしやご提供を頂いたり、あと私も2点デザインしてるんですが、「ゲーム屋さんの店先」風の楽しい雰囲気を目指しております。

でまあ、ファンによる「作ってみた」シリーズということであくまで非公式なものではありますけど(それぞれの作者さんには、ご連絡がつく方全員に企画趣旨を事前にご一報しており、幸い温かい反応を頂いております)なぜか色々あって『風呂』だけ作者のかわうそさんご自身に作って頂きました。あの伝説の達人リターンズを見逃すな!

*1:今の予定では、冬コミの「m@mesiba」さんでも同じディスプレイやるかもな感じですが、文学フリマでウケるかどうかが分かれ目なので関係者一同ドキドキしてます。

10/11/11

[]通販再開しました 通販再開しました - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 通販再開しました - いぬ型干渉体(日記)


ゲーム探偵団

品切れてた『AM迷宮探索書』、「ゲーム探偵団」様に再発注分が無事並んだようです。ありがとうございます。

陳列ページはこちら→

(同人誌) AM迷宮探索書 (ゲーム探偵団・ゲームミュージック館)

前にも書いたとおり、これはいわゆる「コピー本」なんですけど、本文は書籍用紙、表紙は専用の耐水紙にインクジェット印刷+耐水シール(四角い黒地に白いシルエットが出てる部分はシールなのです)という実はけっこうがんばった作りになっています。それで手間的に自滅してますが。

コピー本の制作過程は「同人誌を作ってみたいけど、本当に少部数で構わないし、好きな分だけ手で作れないかな……」という方には役立つかなと思うので、そのうちこの本の作り方記事あげようと思います。