いぬ型干渉体(日記) このページをアンテナに追加


レッツプレイSISTER!
SISTER・対戦の手順説明(図入り)
SISりはじめたばかりのあなたが困った時のためのFAQ
お気に入りデッキ登録法

主な記事目次(攻略メモ・レポ・考察・SISログ等)   この日記の全記事一覧・検索
  

14/02/03

[]AMクイズ大会2014 AMクイズ大会2014 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - AMクイズ大会2014 - いぬ型干渉体(日記)

今ごろ大晦日~元旦のレポートかよ!な感があるのは十分承知の上で、これを書かないと次に進めないしシーツリーのverUPもできないんだ……。

お隣のVeNEさんは、1日に書いておられますね。さすがです。(→AMクイズ大会2014 結果

さて、2013年のAM年末イベントは、なぜか突然やってきた忙しさによりほとんど欠席を余儀なくされたため、私にとってクイズ大会のみが最後の希望でした。

それではTwitterのツイートと併せて、振り返ってみたいと思います。*1



今回の最大の変更点はなんといっても、ジョブが増え、MPで技を使えるようになったことでしょう。

弓矢には関係ないんですけどね!

技の詳細のスクショを取るの忘れちゃったんですが、例えば「天使」だと数珠やユグドラシルといったおなじみの技が使え、同チームの仲間達をサポートできます。これが後になればなるほど効いてきた感じ。



序盤。キタカライさんに専用グラフィック(リンちゃん)が用意されていてテンション上がる。毎年おなじみの方々の他、何名様かが新しく専用グラフィックになっていました。バナナの方に笑った。私は引き続き仮面♂でした、ありがとうございます。

弓矢のTP技は、レベル×4の点数を1~5位の誰かから吸収するなので、TPが貯まらないとどうしようもないんですよね。だから最初のうちは問題に集中して地道に得点を稼ぎながら、じっと我慢です。



たぶんこの頃、まだ何十問かしか終わってなかったんだと思います。この辺が一番辛い。そろそろTP貯まってきたので撃ちたくなってきている。


f:id:ezory:20140203154556j:image

俺の弓矢が火を噴くぜ!(ドーン)

なにも悪くないのに撃たれまくるVeNEさん(この後も)


毎年恒例、上位の人が下位から搾取されるの図です。

これがあるからクイズ大会はえげつないとか、やる気がなくなるとか、上位にあえて来ないところを狙うとかいろいろあるんで難しい問題なんですが、それでも果敢に一位を狙い続ける人たちがいるのがAMらしいマゾさかもしれません。



深夜3時くらい。寝落ちたらしくて得点が平坦なグラフになってしまった人、限界が来て「もう寝ます」と去る人、さまざまです。

この辺から、新ジョブ「天使」のサポート能力の優秀さが目立ってきたような記憶があります。バリア貼れるのは別ジョブでしたっけ。

上記のような「上位が下位に得点を吸われる」という悲惨な出来事も、実はバリアで防げるのですよね。正確には、下位側は相当する得点をGETできますが、吸収特性は発揮されず、上位の得点自体はそのままなんです。これが今回痛かった。弓矢使い的な意味で。



ひどいなあ。ちなみにVeNEさんは後のデータでは正答数一位だったので、普通のクイズ大会ならなら優勝しているはずなんですが…………これがAMのひどさと恐ろしさである。

今回も恒例の「お買い物タイム」が3回か4回あり、得点と引き換えに装備を買うことができました。私はもちろんTPが貯まりやすくなるもので。


f:id:ezory:20140203151433g:image

栄光の一瞬

だが案の定撃たれたり吸われたりしてすぐ落ちた


最後はバリア勝負で、例年に比べると上位に大幅な変動はなく、トップ争いのみが最後まで続いていたなあという印象です。


f:id:ezory:20140203151432j:image

結果発表!*2


チーム別では、チュルホロチームが一位でした。おめでとうございます!本当は我がアケローンチームが途中までぶっちぎり一位だったのに、最後の最後で逆転されてしまったのでリベンジを誓います。

ちなみに私は回答速度では12位。正解数は……書かなくていいと思う。無回答時にTPが貯まる装備を買ったので、後半はわかんない問題が出たら、あえてパスした局面もけっこうありましたね。


クイズ大会について

つねさんのブロマガやセドナで、クイズ大会のシステムについて言及されていたのでちょっとだけ。

私は、わかったら答える、それ以外は装備などで補ってTPを貯めるのが弓矢にとって得だと思っているので、他の方のコメントに左右されることは特にありません。自分のジョブにとって最適だと信じる行動を取るのみです。

タイムラグやコメント規制にひっかかってしまうのは、悲しい面があるのは事実ですけれども。後半は私もなぜか(同じコメント連投で×には注意していたのに)規制で早めに回答できなかった問題もかなり多く、\アアアアアアアア/となりました。

しかしこういった点は、ニコニコ動画というシステムを使っている以上、主催側でテキパキと改善できないのもまた事実です。なのでそこは諦めの境地に達しています。

なお、過去問題については、私は毎年全てを忘れて挑んでいるので特に何も思ってませんでした。毎年同じところでひっかかって間違うという、それもちょっと記憶力がどうかと思うレベルでもあります。悲しい。

ただ、新規問題が増えたほうがいいと思っております。その年のAMの活動を振り返るきっかけにもなって、純粋に楽しいからです。だから自分でも毎年投稿しています。

そうやって何年か問題を出題に組みこんで頂いた結果、こういうことも思っています。

  • 特定の分野に偏りすぎない問題を出す

新規の問題で、例えば今年の場合、シーツリーの問題しか集まらなかったとすると、プレイしていない/する時間が取れなかったプレイヤーは一気に不利になってしまいます。

それはそれで「AM」というくくりがある以上しょうがないことですが、ゲームの他にも映像や音楽、本などジャンルが多岐にわたっているので、せっかくならそういった方面からも出していきたいと思います。


  • 穴を突く問題を出す

今回、自分が出題して「やったぜ!」と思ったのは、しすみゲームコーナー関連でした。

『しんどいクマちゃん』『しんどいクマちゃんのじゃんけんぴょー』はプレイ時間が大変短いものですし、手軽にプレイしやすいブラウザゲーということもあって多くのファンの方が楽しまれたかと思います。

ところが「しんどいクマちゃんの難易度はサイトになんと書かれている?」という問題を出してみると、これが正答率すごく低かったんですね。タイトルのすぐ横に難易度が書かれているのに、です。もちろんサイトを見れば一発でわかるものですが、時間制限があるとなるとなかなかそうはいきません。

こういった「誰でも一回は見たはず」→「でも覚えてなかった!うわー!」な問題を作りたいなあと、正答率の低さにほくそ笑みながら思いました。


  • ひっかけ問題で注意すること

反省点。今回、ネコカノから出題したもので、最終的には「ボン太」「ポン太」のどちらかを選ぶものがあったんですけど、文字が潰れてしまって「ボ」と「ポ」の見分けがつかなかったのですね。これは大変申し訳ありませんでした。


と、いろいろ考えることはありつつも、年末はまたはりきって問題を考えられるといいなあと思います。できれば問題の募集要項をもっと早くから出して頂けると助かります。すごく……助かります……。


珍しく真面目なことを連ねてしまったので、最後にえぞりーさん(弓矢)のひどいショットまとめをご覧ください。参加された皆様、そしてジスカルドさん、どうもありがとうございました!


f:id:ezory:20140203151434j:image

オリジナルサイズは→こちら

やっぱりこの人はひどい。


おまけ資料 各ジョブ詳細

今回のクイズ大会の各ジョブ詳細をまとめました。

おそらく次回はまたバランスが変わったりジョブ自体の変更などもありえるでしょうが「弓矢は吸う」「ロボは無解答でも得点もらえる」「暗黒は正解し続けないと辛い」などの根本はそんなに変わらないんじゃないですかね。

スクショ提供してくださったRさん、ありがとうございます。

  • 戦士
    • 正解時+1点 不正解時 仲間のTP+3
    • TP上昇率4 exp上昇率1 Lvボーナス17
    • TP Break 仲間のTP+<Lv×8>
  • 魔法
    • 正解時+2点 不正解時-1点
    • TP上昇率3 exp上昇率3 LvUPボーナス13
    • TP Break 上位敵の点を<Lv×2>分減
  • 弓矢
    • 無解答時 TP+12
    • TP上昇率3 exp上昇率2 LvUPボーナス11
    • TP Break 1~5位の1人から<Lv×4>点吸収
    • 不正解時 経験値+1 無解答時<錬>化
    • TP上昇率8 exp上昇率2 LvUPボーナス15
    • TP Break 仲間の経験値+<Lv÷3>+1
  • ロボ
    • 正解時 一律3点になる 無解答時 +2点
    • TP上昇率2 exp上昇率1 LvUPボーナス11
    • TP Break +<Lv×6>点
  • 暗黒
    • 不正解時 -3%点 無解答時 -5%点
    • TP上昇率12 exp上昇率1 LvUPボーナス33
    • TP Break +<Lv×10>点
  • ガン
    • 正解時 TP+5
    • 連続正解 1つ上の敵 点滅<Lv,チェイン>依存
    • TP上昇率6 exp上昇率2 LvUPボーナス21
    • TP Break +<Lv×2>点
  • 星士
    • タイムボーナス逆転 無解答時 経験値+2
    • TP上昇率5 exp上昇率3 LvUPボーナス23
    • TP Break 味方の最下位者に+<Lv×5>点
  • 格闘
    • 正解率50%以下の時 得点×2
    • &1つ下の仲間 点<Lv増>
    • TP上昇率3 exp上昇率1 LvUPボーナス18
    • TP Break 味方の点+<Lv×2>分
  • 天使
    • 正解時 MP+1
    • 『数珠』とコメ:TPを仲間に配分
    • 『バリア』とコメ:1ターン減点0(MP-4)
    • 『ユグドラシル』とコメ:仲間のTP=100(MP-2)
    • TP上昇率3 exp上昇率3 LvUPボーナス15
    • TP Break MP+<Lv>分

*1:ツイッター上では12月31日と表示されているのですが、実際には1月1日です。謎である。

*2:※もしお名前出るの不都合な方がいたら、拍手かメルフォからご連絡ください

13/11/19

[]じすチャンネル第6回+私がAM暗黒面に堕ちるまで じすチャンネル第6回+私がAM暗黒面に堕ちるまで - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - じすチャンネル第6回+私がAM暗黒面に堕ちるまで - いぬ型干渉体(日記)

先日このような動画がアップされていたのを皆さんご存知でしょうか。

最近なぜか始まったじすチャンネルシリーズ、ポーンさん、曼荼羅Pさん、優介さん、VeNEさん、キタカライさんと有名人が続いてどうしてこうなった的な人選が第6回なのですが、すこし舞台裏を説明します。


実録!じすチャンネル

実はですね、ジスカルドさんとリアルでこのようにお話するのは人生初でした。その前はAMプチで1回、ボーマスで1回しかご挨拶したことないです。

AM考察本でインタビューとか載せてますけど、あれはメールとスカイプチャットを使って実現したもので、そういった打ち合わせを除いた個人的なメールのやりとりもほぼ皆無です。なのでどうか私に「エレGYってどこまで実話なんですか」と聞かないでください。そこまで深いファンではないのじゃよ。

でまあ、たまたま用事で東京にいたことなどいろいろ重なって、電子海戦争で友情を結んだキタカライさんも来られる平日オフがあり「そういえば、じすチャンネルにゲストで出てくれってじすさんに言われてた」というあたりから覚悟していましたが、案の定「出てください」ということに。前がキタカライさんなら電子海戦争繋がりのお話もできて面白さが増えそうだし、泉和良先生に『spica』文庫版にサインを頂きたくて行っていたので、これは……出るしかあるまい。

ちなみに曼荼羅Pもおられました。犬を散歩させている人がやたらと多い夕暮れの公園、犬とたわむれる曼荼羅P。

ところでこのじすチャンネル企画、ファンの方がどんどん出演しないとネタ切れになると思うのですが大丈夫なのか。

ここからはカットされた部分補完です。長いのでお時間がある時にでもどうぞ。


ezoryという人がAM暗黒面に堕ちるまで

組織のしわざによるヘリコプターの騒音妨害でカットされた部分補完です。

私はVectorの新着ゲーム一覧は毎週見ていたので、たぶんAMの最初の投稿も見ているはずです。新着一覧といっても数十本もありませんでしたから、当時は。

だからとりあえずダウンロードもしたはずなんですけど、よくわかんなくてそのまま消しちゃった記憶がうっすらあります。ひどいなあ。

ちゃんとプレイした『スターダンス』は、当時はフリーゲームの本数が今より少ない分、アツく語る紹介サイトや日記の類もいくつかあって、そこで知りました。

しかしニュース編でパンドラとオルガが赤い実を食べるとこで引いたというか「なんやこれ」な衝撃を受け、ストーリー全体でもロマンシアがしょうがない人だわ、オデュセイアは鬼畜だわ、スターダンスと鳥が融合して気が付いたら宇宙レベルの話になってエンディングを迎え、ポカーンとしていたのはよく覚えています。

その頃は純真だったのでスタッフロールを見て、「そうかこの星野遥って人がAMの中心の人なのかあ」「AMってたくさんの人が関わってるんだな、もしかして100人くらいでゲーム作ってるのかな」と、まんまとだまされていました。


「アンディー・メンテ」というサークルに対して意識的になったのは、『自給自足』でした。

サバイバルものということで期待して始めました。じすチャンネルの中では、ジスカルドさんに「やおいとか引かなかったですか」と聞かれましたが、その点は大丈夫でした。ナナは女の子だと思ってました。

コミュニケーション関連のイベントよりサバイバルに夢中だったので、やおい的なイベントをほとんど見てなかったのもあるでしょう。

で、誰でも通る道ですがエンディングになって、「このグラサン野郎は誰だ!!!!! ( ゚д゚) 」と完全に置いてけぼりをくらい、アンディー・メンテの公式サイトを見たら続編の『怪盗プリンス』がちょうど出ていたので、プレイしていました。でもその時はクリアできませんでしたね、難しくて。


その後、『アールエス』PVに衝撃を受け、また同作品の果てしないアップロードにワクワクしながら付いていったのが本格的にAMにハマるきっかけでした。

つまり、

1998年くらいにAMを知っていたのに、ハマったのは2004年から

という「その間何をしとったんや」的な遅いにもほどがあるハマり方でした。でも、序盤からズブズブとハマっていたら今ごろファンを続けられていない気もすごくします。

あとはお隣のVeNEさんの「模倣全時空記憶集積回路」、はてなAMグループというシステムに刺激を受けてこの日記を始め、今に至ります。

VeNEさんの情報の素早さに憧れて「私もAM系列のニュースをばんばん拾って載せて、アクセス数をいつか抜いてみせる!」というとんでもない野望を抱いていた時期もありました。が、面倒なのでじきにやめてプレイ日記に専念することにしました。それでよかったと思います。


あー、あと今思い出したのは、『アールエス』にドハマりしていた時期にAM SHOPでサントラを買いまして、なにしろフリーゲームはサントラってまず出ないし作者の方が直接通販やられてるということで、すごいなー面白いなーと感動したことですね。もちろん内容もとても良いもので満足しましたし。

……まさか真剣に生活費のためにやっておられるとは、当時の私はまだ知らないのであった……『エレGY』読ませたらあの頃の私はどんな顔をしたのでしょうか。

さてと、補完記事はこれでおしまいです。これで一個タスクが終了したので、沼餅職人復活へ一歩近づいた!*1

*1:だがまだ忙しくて戻れないストレス

13/08/18

[]零シリーズ+フリーゲーム 72時間ゲーム実況 零シリーズ+フリーゲーム 72時間ゲーム実況 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 零シリーズ+フリーゲーム 72時間ゲーム実況 - いぬ型干渉体(日記)

8/9~8/12にかけてニコ動でこんなイベントが行われていまして、それにジェバンニP、曼荼羅P、キタカライさん、鳥類さんというある意味コアすぎるAM勢が出演するというシュールなことになっていたので、タイムシフトとか見れない方のために振りかえろうかと思います。


【スタート~24時間】中継します!零シリーズ+フリーゲーム 72時間ゲーム実況:ゲーム実況ブロマガ「ゲキマガ」:ゲーム実況ブロマガ「ゲキマガ」(ゲキマガ編集部) - ニコニコチャンネル:ゲーム

↑ブロマガ記事。この記事の8:00~の部分もご参照ください。写真が大量なので、全部見るにはPCからじゃないとちょっと大変かもしれません。


以下、当日の私のツイートも併せて書いていきます。超長いので時間がある方推奨。



入っててよかったプレミアム。ふだんは公式生放送で見るジャンルは宇宙開発系やダイオウグソクムシのような生物系が多く、こういった実況は実は初見でした。

ハッシュタグは適当です。一同自己紹介タイム。女性出演者が極端に少ないこともあってか、この後もコメ読みを時々していたキタカライさんの落ち着いたボイスに人気が集まる。

前の出演者のrecogさん&わたへ~さんから操作と現在の状況説明を受けてのスタート。コントローラを握るは我らがジェバンニP。

取説とかが事前に読めるわけではなく、さらに『零』シリーズを実際にプレイしたことがあるメンバーはゼロ。手探りです。

視聴者コメントでおぼろげにわかったのは、初代『零』の佳境に入ったところで、さらに「神官」なる中ボス戦の手前でのバトンタッチ。さらに最強雑魚敵、通称「坊主」も出現するなどかなり、というかけっこうな難所のようです。

L1を間違って押してアイテムをじゃんじゃか消費してしまったらしいジェバンニP。コメントで指摘されるも、L1うっかり押しを繰り返してこう叫ぶ。

そうこうしているうちに、容赦なく攻撃を喰らいまくって操作キャラの深紅(ミク)初死亡。視聴者コメントで「下手」といったお叱りを連続でくらいますが、ジェバンニPはそれくらいで負けたりしないようです。

ちなみに私は、知人宅で『零』の3プレイを見たことがあります。とても怖かったし、自分には無理だと痛感しました。シリーズものにありがちなことで初代のほうが難易度が高いらしい。

あと回復アイテムが有限なのも辛いところです。

カメラを構えて霊を撮影する=攻撃のため、「構えてファインダーの画面になったところで後ろに下がりながらチャージ」という操作が必要だとコメントで教えられるジェバP一行。だがなかなかうまくいかない。

このあたりからコメントが優しいムードに。自動車学校でいうと教官がチェンジされたようなものでしょうか。

神官に手こずってどんどんミクさんが新しくなります。

余談だけどこいつの首なしモードは卑怯だと思った。霊の顔面を撮影することが大事なゲームで、時々首なしモードにチェンジしてくる敵。つまりは無敵状態が入ってくる。鬼やで。

ようやく操作に慣れてきたらしい。

……と思ったけどまだまだでした。

出演枠も残り1時間を切り、次の方たちへの交代を考えると少しでも進めたいところなのですが……。

初撃破ー!と喜びたいところですが、「鏡石」(HP0の時に自動全回復の最強アイテム。一つしか持てない)を消費してしまったのでわざと死んでやり直し。だって神官は全部で4体いるのである。うえええええ。

L1の件とか……いやもういいや。

ここで曼荼羅Pに託されるコントローラ。なんかすごく上手い。もともとAMつながりといえど、曼荼羅Pはその名のとおりボカロ曲とかLUPIAカバーとか、音楽活動の印象が強かったのでちょっとびっくり。

鳥類さんのツッコミは……神官も大変ですよね。

本当に踊る鳥類さん。

「まんばまる」は回復アイテム「万葉丸」(まんようまる)を最初に読み違えたことから。まんばまるPの新曲にみんな期待しよう!

曼荼羅Pのナイスプレイが続く。神官が地中に潜ると下からまた現れるパターンを掴み、あらかじめ想定位置にファインダーを合わせてプレイするように。

神官(二体目だったか三体目)まで撃破!記念にスーパー宣伝タイム!

キタカライさんにコントローラが回り、次の方たちのためにセーブをがんばる。ポイントが近くにあったのでサクッと終了。

スーパーメール読みあげタイム(読みあげ:キタカライさん)。Tさんの件は、まあ、察してください。

そういえば、前の方たちがいったん退場した後に10分くらい無音→CMタイムがあって暇だったので、「PCからメールを投稿する」ボタンをなんとなく押して「皆さんがんばってください、ボカミツ楽しみにしてます」といった内容を投稿していたのでした。そんなこと忘れ去っていたのでモニターの前で悶える。メールっていうか祝電みたいになってしまった。

ジェバP組再登場を期待して転換待ち。

次の出演枠はeoheohさん&ハヤシさんの二人組の予定だったのだが、なんとハヤシさんが現れなくて連絡もつかないという緊急事態発生。

お一人で登場したeoheohさんに引き続き、ジェバP組がまた4人全員出てきて説明を始める。うーん、生放送を仕切るスタッフさん達も大変だな……。

「このボタンでカメラ構えて、敵をそうやってファインダーの中に入れてチャージして攻撃。ストーリーは神官って奴の残りを倒すところまで進んでいて、残りの回復アイテムは……」といった感じで異常にスラスラと説明するジェバP。eoheohさんもFPS好きということで「そうなんですか!?」と二人の間に仲間意識が生まれたような気がする。ゲームは国境を超える!(日本国内だけど)

まあジェバンニPの時からわかっていたことですが、FPSと零は違うのだ。当たり前か。

ハヤシさん到着まで場をつなぐ意味もあってか、30分以上引き継ぎ出演し続けるジェバP組。

鳥類さんのコメントが的確すぎて何も言えない。

結局40分近くも引き継ぎ出演。まだハヤシさんが到着しないため、楽屋にたまたま残っておられた他の出演者さんたちが助っ人交代、ということになってジェバP組は去ったのであった。ほんとうにお疲れ様でした。

その後、ようやくハヤシさん登場。なんでも乗っていた深夜バスがもろに渋滞にひっかかった上、携帯の充電器を忘れたのでえらいことになっていたらしい。ともあれなんとか進行も元通りになり、この枠の中で零初代クリアまで行ったそうです。おめでとうございます!

私は朝7時半から見続けていた疲労もあり、神官が全部倒されたところで視聴フェードアウト。ジェバP組枠の2時間だけ見るつもりが、気づけば前後含めて4時間以上見てしまいました。

そして、「友達と最後にテレビ見ながら楽しくゲームしたのいつだろう……」と、ぼっち感あふれる現状も思い出してしまったのでした。今は据え置き型のはWiiしか持ってないですし、そもそもゲームしに集まることすらないですからね。飲み会直行とかになってしまう。

そんな身分からすると「みんなで楽しくゲーム!」というこういった実況視聴はキラキラと輝く楽しい夏の思い出となったのでした。せっかくプレミアム入ってるんだし、このジャンルもまた機会があれば視聴参加したいものです。

13/01/03

[][]AM的年越し2012~2013! AM的年越し2012~2013! - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - AM的年越し2012~2013! - いぬ型干渉体(日記)

今回もいくつかのイベントが催されました。


SISTER世界大会

久しぶりのSISTERに、デッキをいろいろ考えていたら、今年はなんとランダムデュエルでした。ア、アイコンしか考えることがないで……。*1

1回戦目は、つねさんと対戦。「逃亡士ゲーリング」「トラッピング」という、かつてのSIS対戦相手からパ……オマージュした組み合わせで挑むも(→09/06/13記事参照)、つねさんもゲーリング装備という。しかも判定前に負けるという。私が。ありゃま。

敗者復活戦は戦績の多さだったため、運良く出してもらえてRさんとの対戦。「ガニュメート・ストレス」「救済のカード」HPを増やしていく戦法で勝利。

準決勝は、ジスカルドさんとの対戦!<青い風><ブルーセンシティブ>という組み合わせで挑み、ビンタに瞬殺されましたとさ。む、向こうが魔法主体のカードを引いてたら勝ってたんだよ!(※言い訳です)

いよいよ決勝は、s_senさんを破ってジスカルドさん優勝。って主催者じゃないか……。いえいえ、おめでとうございます。


生放送ラッシュ

シーツリーマイハウスデザインコンテスト、テレパスミュージック、シスミー動画大賞など。マイハウスで参加賞頂きました、ありがとうございます。飾っています。

あんまりこの辺の生放送はリアルがわたわたしていて見れなかった。



AMクイズ大会2013

トリを飾ったのは毎年恒例!(地獄の)クイズ大会!

今年も午前2時からという無茶スケジュール、睡魔に負けた方も多いと思います。という私も大晦日の夜に日本酒を二合半ちょっと飲んでしまい、2~3時間仮眠したのですがヨレヨレで、コーラ補給しながらの参加となりました。

システム的には、昨年(→昨年の年越しレポ)をverUPさせた感じでした。

選んだジョブによって個人に画像がつき、レベルアップやTP技発動があるとドーンと出る!という凝った演出つき。なぜか一部の方は特有グラフィックが。モナトなのはもちろんM先生とか。私は仮面♂にして頂いてました。小粋なご配慮ありがとうございました。ポレン(省略形)みたいに参加者が画像投稿できたりすると面白いかも、と思ったり。

ルールなんかはお隣のVeNEさんが書いてくださると思うのでだいぶ割愛しますが、今年は魔法使いの削りっぷりがすごかったですね。弓矢使いも去年に比べれば……いや、去年よりある意味非道だったかもしれません。

私はもちろん弓矢を選択。ずっと30位あたりをウロウロしていたと思います。無回答だとTPが貯まるジョブなので、確信が持てなければあえて無回答にしていた場面もけっこうありました。

あとで確認したところ、私のTP技「1~5位の相手の誰かからLv×2の点吸収」は7回発動、insectさん、hwさん、ふじつぼさん(2回)、くろのぷらむさん、ひのさん、あかずきんさんから計66点を吸収していました。

えー、特にふじつぼさん、申し訳ありませんでした。これが……戦場だ!

このような闇討ちで徐々に点数を伸ばし、後半ついに!


f:id:ezory:20130104001333g:image

あっ、この問題、電子海戦争で撃った国だ!


f:id:ezory:20130104001332g:image

華麗に答えてついでにTP技発動!


……ここで初の一位を取れたのが、いちばん私が輝いていた瞬間だと思います。あとは撃たれたりなんだりで転落していきました。


f:id:ezory:20130104001331g:image

最終結果、一位はyaulさん!!*2


私は17位。

これ、最後は劇的でして、暗黒剣士のyaulさんがラストの問題に正解して、一気に何十人か抜いて優勝という。この一瞬に向けて集中力を高めておられたのでしょう、おめでとうございます。

暗黒剣士仲間ではつねさんも途中で一位に食いこんでいましたし、今年は暗黒剣士がすごくなるという予言なのかもしれません。なんの予言かわかりませんが、AM的な意味で。

去年に比べると、魔法で削られるせいもあってか、すごく飛び抜けた点数差はなかったですね。

システムのトラブルもあり、200問だかもっとある問題を削って途中飛ばさざるをえないスケジュールになったので、お買い物した装備の威力が発揮できる時間も少なく、そのへん不遇だった面もあります。終盤に自分が投稿した問題が出ると「ここで取れば一位行けるのに答えられない!」ってのもありますしね。*3

というように波乱万丈ありながらも、上位の方は安定して正解していて、やっぱりすごいなあと思いました。

皆さん、長時間の参加おつかれさまでした。そして主催のジスカルドさんも、毎年楽しい大会をありがとうございます!、

*1:ランダムデュエルは、カードが手持ちカード「全て」の中からランダムで選ばれるため

*2:もしこの表の中で、お名前伏せてほしい方がいらっしゃいましたら、お手数ですがWeb拍手なりTwitterなりでご連絡ください

*3:VeNEさんがその意味では不幸だった

12/02/08

[]ボーマス19に行ってきました ボーマス19に行ってきました - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - ボーマス19に行ってきました - いぬ型干渉体(日記)

サンシャインシティなんて行くの何年ぶり、いや子供の頃に東京観光がてらに水族館に連れてってもらったりしたくらいで、十何年ぶりくらいレベルじゃないのか……と「私と池袋」の縁のなさにビックリしながらも行ってきましたボーマス。

人混みが苦手なので、開場前行列は避けての昼出動となりましたが、それでも場内はかなり混雑しており、「立ち止まらないでください」「出口はこちらです」などの誘導がひっきりなしに入る感じでした。ボーマス歴戦の勇者・VeNEさんに後でうかがったところによると「これでも今回は空いてますよー」とのことでしたけども。

ジェバンニPと曼荼羅Pの合同スペースは入り口からすぐのところでした。ご挨拶してCDを購入させて頂きましたが、全体的に私が挙動不審で申し訳なかったです(これはこの日お会いした方全体に言えることであります)。

上記のとおり、場内は混んでいたため、他のサークルさんを端から順番に見るのは体力的に断念。グッズ系のところだけチラチラ見たり、それとコスプレの方を「あっ、リンコスしてる人がいる!」とか「あの服かっこいいけど、元ネタなんだろ?どの曲かな?」とチラチラ見たり、しばらくうろうろしてから撤収。

ぱっと見た感じでは、男女比の偏りは少なめ。あちこちで「~Pさんですか?」と「P」が連呼されていて、サークル参加と一般参加の人の交流が多いのが印象的でした。この辺はさすがボーマス。

その後、VeNEさんがボーマス参加AMクラスタを招集していたのに便乗して、何名かのAMファンの方とお会いすることができました。会場外の屋上スペースですこし雑談したりなど。

どなたかが「眠いんですよね……」とおっしゃれば「ねーむタロー……」という単語が別のところからすかさず飛び出したりするのはさすが、AMっぽくて楽しかったです。

ジェバンニPのblogには、また機会があったら参加したい旨が記されており、今回逃した方も諦めずにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ジェバンニP、曼荼羅P、お会いできた方々、どうもありがとうございました。