いぬ型干渉体(日記) このページをアンテナに追加


レッツプレイSISTER!
SISTER・対戦の手順説明(図入り)
SISりはじめたばかりのあなたが困った時のためのFAQ
お気に入りデッキ登録法

主な記事目次(攻略メモ・レポ・考察・SISログ等)   この日記の全記事一覧・検索
  

12/09/02

[]仮面♂を作ろう!(前編) 仮面♂を作ろう!(前編) - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - 仮面♂を作ろう!(前編) - いぬ型干渉体(日記)

残暑厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今週末はコミティアに行かれたり、あるいは来るべきAMプチの日に向けて原稿に励んだりされた方も多いのではと思います。そしてジスカルドさんはどこかの組織の陰謀なのか、アフリカで大変なことになっているようでもあるらしいんですが*1一体どうなってしまうのでしょう。

そんな中、私はというと八月の動きは『AM SHELLS』を購入したくらいでダラダラしてました。この部屋エアコンないから夏はPCにあんまり向かえないんじゃよ(言い訳)

しかし、あまりダラダラしているのも、更新を楽しみにしてくださっているかもしれない数名のどなたかさまをガッカリさせる……かもしれない……と思って、今日は工作にいそしんでいた次第です。いや作りたいから作っただけともいう。


仮面♂……それは、『ライヂング☆スター・レジェンド』で選択できる主人公の一人であり、生態は謎に包まれています。

なんの気なしに自分のTwitterのアイコンに、てきとうに描いた仮面♂を使い始めてからけっこうな日にちが経ち、気がつけば仮面♂のアイコンのバリエーションが7~8種類になるありさま。なんで使い始めたのか全然記憶も定かではないのに、こうなると愛着がわいてくるというものです。

もちろん今年の『ライヂング☆スター・レジェンド・リターンズ』でも仮面♂を選択。

さらに夏祭り2012でも、Rさんが仮面♂♀の型紙*2を提出されていたりと、まさに俺得な日々を送っていたりもしました。

そんな中、先月100円ショップでこのようなものを見つけたのです。


f:id:ezory:20120902185707j:image


「作る!仮面!」(210円)

これは挑戦状としか思えませんでした。私へのです。

たったの210円で、石膏の仮面が作れるというのです。これを買わずして仮面♂使いと言えるでしょうか!!!!!

……と、はりきって210円の挑戦状を受け取ったものの、一月放置していました。だって暑い中絵付けするのは辛いんだ……。

ようやく今日、やる気が出たのでがんばって開封。

付属品は以下。

  • 石膏(約100g・粉状)
  • 染料(黒・白・茶・青・赤・黄の6種)
  • 仮面の型(1種)
  • 筆(1本)
  • 棒(石膏と水を混ぜる用)

210円にしては豪華ですね!

裏の説明書は大ざっぱでして「石膏をこの量の水で溶き、型に注いで1~2時間乾燥させて出し、染料と筆で絵付けしよう」程度です。

そして私の石膏に対する知識(工作度)はほぼゼロ。美術の時間にデッサンで石膏像を使ったなーとか、落としたら割れるとかそのくらい。

さっそく気がついたのですが、石膏と水を混ぜるためのカップがありません。紙コップで代用。水は約67mlとか書いてあったんですけど、これは電子式の台所用ハカリで測れば、と思ったら家族が別の場所に持っていって行方不明です。さっそく波乱。

しょうがないので計量カップで約70mlを算出し、よくよくかき混ぜて型に静かに注ぐ。


f:id:ezory:20120902185708j:image

波乱その2である


規定量を守って注いだら、型より石膏の量がかなり多かったorz

あわてて後ろをなるべく平らにしてみたりなんだり、はみでた石膏を力の限り修正。もうこの時点で「完璧」という単語は捨てた。

「型に注げ」と書いてあるのにこの景気のよいはみ出しっぷり、失敗を想定しての分量だったのでしょうか。最初にこんなに余るって知ってたら別の何かも作れたかもしれないのになあ。

悲しみを乗り越え、仮面の型どおりに固まるのをじっと待ちます。

ちなみに紙コップに余した石膏はすごい勢いで固まった。


~約2時間後~

型から取り出し……はずれん!!

はくり剤のようなものを塗るべきだったのでしょうか。そんなこと説明書に書いてなかったしな。第一付属してないしな。

何度かのチャレンジの末、ベコッと型から石膏仮面をはずすことに成功。


f:id:ezory:20120902185709j:image


「おお……」

これ写真で見ると全然ですが、手にのせてみるとかなりの感動がありました。紙粘土とは違う重量感。なめらかな仕上がり。自分のやったことといえば粉と水を混ぜて注いだだけなのに、異常なまでの達成感があります。

さっそく絵付けといきたいところですが、額や頬の部分の飾りがジャマですね。どうにかしましょう。


f:id:ezory:20120902185710j:image


同じく100均で前買ってきた爪やすりがあったので、ゴシゴシっと丁寧に仮面の矢印部分が自然なカーブになるように削りました(紙やすりでもいいと思う)。周りのバリも取った。

しかしじっくりチェックしつつ削っていくと、いわゆる「す」が結構あったりしてショックである。混ぜ方、注ぎ方、乾かし方、はずし方のどこが悪かったのかは初心者の私には不明。


一段落ついたので、心を落ち着けて鉛筆でアタリを取ります。

アタリとはいえ、目を入れたらすごく嫌な雰囲気になったのが印象的。


f:id:ezory:20120902185711j:image


ここから念願の絵付けパート。

仮面♂の顔パーツは単純なものですし、色だって星のピンクと枠線の黒くらいだから楽勝だとタカをくくっていたのですが……


f:id:ezory:20120902185712j:image


「罠だ、210円の罠だ……!!」

なぜ目の部分が真っ黒なのでしょう。

それは、筆が筆ってレベルじゃない安物だったせいです。写真奥のが筆ですね。棒じゃないですよ。筆です。

「弘法筆を選ばず」とのことわざあれど、お大師さんも怒りのあまりにへし折りそうなレベルのダメさです。ましてや凡人(美術B)の私に何ができるというのでしょうか……。

さらに染料も、色ごとにドロドロしていたり水っぽかったりの差があり、発色もイマイチです。

今までの「これが210円か!」の感動はどこへやら、「ああ、さすが210円だな」という、まるでB級映画を見に行ったら予定通りのB級だった時のほっとした感じすらわいてきます。

これからこのキットをやろうと思う人は、ちゃんとした筆とちゃんとした染料を用意することをオススメします。


で、目の枠線を描こうとしたら大失敗して内側にはみ出し、しょうがないのでとりあえず黒で塗りつぶしてみたという状態になりました。

美術のABC評価では万年B、先生に褒められたことがあるものはレタリングと粘土の彫刻制作だけという「つくづく絵がダメ」な奴が、この状態をリカバリーできるというのか!

次回「仮面♂は荒野を駆ける」お楽しみに!(続く)*3

「仮面♂を作ろう!(後編)」へ進む

*1セドナ参照

*2pixivでも閲覧できます→ へいめーん | R

*3:次回後編で、写真は全部撮り終わってるのでちゃんと最後まで続きます。ご安心ください