いぬ型干渉体(日記) このページをアンテナに追加


レッツプレイSISTER!
SISTER・対戦の手順説明(図入り)
SISりはじめたばかりのあなたが困った時のためのFAQ
お気に入りデッキ登録法

主な記事目次(攻略メモ・レポ・考察・SISログ等)   この日記の全記事一覧・検索
  

09/06/05

[]またSISやってます 21:18 またSISやってます - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - またSISやってます - いぬ型干渉体(日記)

春先はあまりチャットを覗けないことも多くて遠ざかっていてしまっていたのですが、先月からまたぼちぼち公式にお邪魔しております。

ルールはなんでもOKですので、初めての方も、そうでない方も、お気軽にSISって頂けると嬉しゅうございます。

最近の衝撃的な出来事は……先日「小林憲治をゲットした」と書きましたが、わりと直後に、ランダムデュエルで憲治がこちらの場に出まして。

しかもアイコン「侍プリッツの足袋」を装備してだったので(思わぬ連携)先制で憲治特殊技炸裂。これはどう見ても勝っただろ……常識的に考えて……とかニヤニヤしてたら、相手の方の場に真夜がおりまして、次のターンに「二人の悲歌」で瞬殺されました。憲治で先制取れたくせに負けるって、ど、どんだけっすか……。

これだからSISはやめられませんね\(^o^)/


[]あの世 20:57 あの世 - いぬ型干渉体(日記) を含むブックマーク はてなブックマーク - あの世 - いぬ型干渉体(日記)

約一ヶ月前の日記以来に、ちみちみプレイしてさきほどクリアしました。

いきなりほったらかしにされるスタートと、どこまでも青い空と道。まったくわけのわからないアイテム群。死のエネルギーが尽きた時の、あの終わり方。

ああ、何回プレイしても「あの世」はいいです。もしまだ未プレイの方がいらっしゃったら、あるいは「アンディー・メンテって何?」という方は、「あの世」から始めるのもいいんじゃないかと思います。

以下、だらだら「あの世」語りに突入します。


一番最初にクリアした時は、「アールエス」クリア前で。

二回目は「アールエス」はクリアして、「宇宙の果て」を途中までやっていて。

そして今回は「宇宙の果て」もクリアして、「あおいほし2」を途中までやっていて……と、AM作品を追いかける中で、思い出した頃「あの世」をやってるのですが、毎回違った側面が見えてくる作品です。

一応、今挙げた作品と「あの世」は繋がってはいるようです。いるようです、というのは、どこまで繋がっているのかは不確かだからです。

共通するキャラクターもたくさんいるものの、「あの世」での彼・彼女らは必要以上に不安定な面を露にし、他作品とのイメージが違う場合が多いのです。陰陽でいうとあきらかに陰と申しましょうか。

「あの世」では、主人公に対して「優しい」キャラクターはほとんど存在しません。そして、主人公はどのキャラクターに対しても、自分の意志で攻撃を仕掛けることができるのです。

しかし殺伐とした荒涼たる世界かというとそうでもなく、あくまでそれは「主人公に世界が委ねられている」ということにすぎません。どう見ても格が上の相手に戦いを挑むのも、弱い者をばっさり斬り捨てるのも、全て主人公=プレイヤーの意志なのです。

その結果、極端に偏ったステータスになってしまったとしても、それもまた意志のありようとして「あの世」の一部は受け入れ、一部からは締め出しを食うことでしょう……と、書いていて段々抽象的になりすぎてる気がしたので簡単に結論を出すと、


「あの世」っていいよね!!!


ってことです。とりあえずあの黒い魔女さん好きな方は全員やればいいと思う。


それと、これはとあるAMファンの方とやりとりしていて気がついたのですが、「あの世」の重大なネタバレ(=主人公の正体)が、かれこれ2年くらいの伏線を挟んで他作品に仕掛けられていたことに気づいた方は、当時どれくらいいらっしゃったのでしょうか……。ちなみに自分は全然気づいてませんでした。